Top > 美容外科での顔痩せ

美容外科での顔痩せ

美容外科での顔痩せは医療による方法ですから、究極の顔痩せ術であることは間違いありません。美容外科では脂肪吸引をするのですが、全体が太って見えてしまう膨らんだほっぺたもスッキリとさせることができ、小顔になることができます。

基本的に顔が大きく見えてしまうのはほっぺたに付いた脂肪が原因となっています。顔痩せはダイエットなどでもすぐには効果が出にくく、かなりの継続した努力を要するものです。美容外科では、ほっぺたやアゴに付いた脂肪を細いカニューレで丁寧に吸引する治療を行い、フェイスラインをシャープに整えてくれます。特にアゴの下の脂肪を取ることは、顔の輪郭をハッキリさせて引き締まった印象にするのに効果的です。

脂肪吸引後は、皮膚は自然に引き締まっていきますから、たるんだままということはありません。もし、当初からたるみが目立つ場合の人は、フェイスリフトを併用すれば更に効果が上がります。カニューレの挿入口は、耳の後ろ側のできるだけ目立たない箇所を選んで切開してつくります。実際の手術時間は個人差がありますが、約10~20分程度のもので、手術後の腫れは長くても1週間程度で収まります。

注意事項としては、入浴や飲酒は3日後まで禁止で、激しいスポーツなどは3週間は控えなければいけません。手術跡は時間が経てば目立ちにくくなりますから心配は無用です。費用もそれなりにかかりますが、効果は確実です。

 

 メタボリックシンドローム 予防  子供服 リサイクル
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
簡単な顔痩せ体操(2009年10月 8日)
顔痩せグッズの活用(2009年10月 8日)
EMS機器の利用(2009年10月 8日)
エステで顔痩せ(2009年10月 8日)
美容外科での顔痩せ(2009年10月 8日)