Top > 簡単な顔痩せ体操

簡単な顔痩せ体操

顔痩せ体操は、自宅で手軽にできるものばかりですが、その内容は30以上もあるといわれる顔の表情筋をバランスよく働かせることとなります。顔痩せ体操のほとんどは、とても簡単で僅か数分できてしまいますからいつでもできます。

その中でも代表的なものは唇の周囲を取り囲む筋肉の運動で、口輪筋といわれる筋肉がゆるむと口元全体のたるみやゆがみにつながるのです。ではまず、上を向いて口をできるだけ大きく開けてください。そして、その姿勢のまま舌を大きく突き出しては戻すことを10回繰り返しましょう。あごの下から首にかけて筋肉の動くのがわかると思います。

次は手も使います。手のひらを両耳の前、頬のやや後方部分となる所に当てて、右手は頬を後ろ側に引っ張り、左手は前側に引っ張ります。これで顔は大きく右側に引っ張られる感じになっていると思いますが、この状態で口を5回大きく開いたり閉じたりします。同様に引っ張る方向を反対にして5回行います。

今度は右手をひたいに当て、左手は顔の正面から両頬骨のやや下をしっかり掴んでください。この状態から右手を右方向に引っ張り、左手は左方向に引っ張って5回口を開いたり閉じたりします。これも同様に引っ張る方向を反対にして5回行います。この体操をすると口の周囲の筋肉が疲れるはずです。

これに近い運動は普段の食事の時でもできます。食事でものを噛む時モグモグさせますが、このしぐさを大げさにするだけでいいのです。更に噛む回数を増やせばより効果的で、消化のためにもいいので一石二鳥でもあります。以上の方法を毎日継続することで、二重あごやたるみには随分と効果が出るものです。簡単なので是非試してみてください。

 

 夏目三久アナ  新型インフルエンザの防ぎ方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
簡単な顔痩せ体操(2009年10月 8日)
顔痩せグッズの活用(2009年10月 8日)
EMS機器の利用(2009年10月 8日)
エステで顔痩せ(2009年10月 8日)
美容外科での顔痩せ(2009年10月 8日)